2008年4月28日月曜日

無料音楽配信がヒットを生む?

ヒット生む無料音楽配信 - 日経トレンディネット

久々の音楽ネタ。

今は早くたくさんの情報を手に入れる手段があるというのに
昔ほど新しい音楽に触れる機会が減っているのはなぜ??と
近頃よく思います。

ところで。無料音楽配信がDL数に反映していないとは知りませんでした。

しかし、”すなわち新機種から流れる友人の曲を耳にして、
旧機種や他社の携帯でユーザーが有料DLしたわけだ。”という
のはどうなのだろう?
「そばにいるね」の場合はドコモのTVCMや歌番組、
ワイドショーでの露出もかなりあったと記憶しているから。

全部があてはまらないにしても、いくつかの状況下では
無料配信が有料DLに結びつくという可能性は
かなりありそうです。聴く人が増えれば好きになる人も
増えるでしょう。
YouTubeでPVや映像を観られるようにするのも
同じ考えで行くと有効かと思います。

”レンタルも配信も販促と考えられるメーカーが勝つ”。賛成。
いろいろな手段を使って、ステキなアーティストや楽曲に
触れられる機会をたくさん作って欲しいものです。




補足:

ストーリーのあるアーティストは確かに魅力的に感じます。
しかも昔よりかなり強く魅かれるかも。
それはギャップが生み出す驚きだったり、
一緒に勝ち抜いていくような体験の共有とか。
ポール・ボッツやレオナ・ルイスがいい例ですね。
ただ曲がいいと言うだけでなく、もっと何か
楽しませてくれる要素が欲しい、もっと刺激が欲しい、
という感情が世間一般的にも強まっているのかな。

それを考えるとニューアルバムを出すと噂されている
ホイットニーはいろいろなところに露出するかもしれないですね。
ワイドショーでもかなり取り上げられるかも。


音楽についてはもろもろ考えるところがありますが、
今日はここらへんで。。。

1 件のコメント:

金太郎 さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。